目次道路県道とその他一般道京都府道522号 三俣綾部線

京都府道522号 三俣綾部線

国道9号線分岐・京都府福知山市字堀越 起点 @レポート:堀越→大島
堀越で国道9号線から分岐する。r522はここを左折する。 [地図]

r522ヘキサ 「京都府道522号 三俣綾部線」府道標識。

土師川渡河 土師川を渡る。

右折 三俣で県道は右折する。県道名に"三俣"が入っているが実際の起点は堀越となっている。 [地図]

2車線 人家があるうちは2車線の道が続いているが……

幅員減少 それも束の間で、すぐに狭くなる。

駐車場 車がたくさん止まっている。

事業所横 事業所の横を通る。

駐車車両 軽自動車が、少しはみ出て路肩に駐車しているが、これだけ避けていても横ははギリギリになるくらい狭い。

山へ 山奥へ向かっていく。以降、向こう側に人家が現れるまでこのような道が延々続く。

山深く 一気に山深くなる、道路のひび割れにはもっさり草が生えている。

出水 出水もよくしているようなので、二輪車は走行注意。

ナビが迷走する程度の能力 ナビですら既にどこを走っているかわかっていないようだ(へちょいだけという説もある)。

カーブ地点 カーブ地点でもふくらみは持たせてはおらず、貧弱な路肩と道幅のまま曲がらされる。

補修後 それでも一応補修はなされている様子。

落ち葉舗装 枝葉がいっぱい。

ブラインドカーブ 曲がる先が全く見えないブラインドカーブにもかかわらずカーブミラーの一つもない。

視界が開ける 距離を使って徐々に高度を上げていっているため、坂をすごく上っている! と感じさせるような所はあまりなく、全体的に緩やかだ。

京都府の主張 これでもかといわんばかりに京都府道であることを主張している。

頼りない道 なんとも頼りない道が続く。あったらどうだということはないが、常にどちらか(主に右の谷側)に白線が引かれている。

緑のトンネル 緑のトンネル抜けていく。

市境 鞍部で綾部市に入る。

余裕の道幅 道幅はこんな感じ、まだ十分に余裕がある。しかし、白線が市境でぷつりと途切れるのが気になる……

西側斜面 少しの間西側斜面だったため明るかった。

白線のマジック 白線が無くなっただけでこれほどまでに貧弱に見えるものか。

見所 ここが道中最大の見所(?)。

凶悪ヘアピンカーブ ものすごいヘアピンカーブです、これではただの折り返しです。

曲がりきれず 向こうにいっぱい切ってから曲がってみましたが、残念ながら一発で曲がりきれませんでした。

待避所はあったか? 待避所があったような記憶がないのですが、これで対向車が来たらエライ目に遭います。

貧弱カーブ 綾部市側も相変わらず貧弱なカーブ部分。

カーブミラーの設置率 しかし、ブラインドカーブのミラー設置率は高い気もする。

見通しの良い杉林 杉林の方がむしろ見通しがよい。

最狭部 狭いところでこれくらい、これでもまだ余裕はある。

ガードレール 思いだしたようにガードレールがあった。

貧弱路肩 このカーブの貧弱さは酷い、路肩の舗装がバリバリだった。

ミラーに対向車が映っても…… カーブミラーがあればどうだ、というものでもない気もする。

山からの脱出 ようやく山から脱出だ。

視界が開ける 視界が開けた。

2車線となるが 2車線となる。

束の間の2車線 がそれも束の間か。

再び2車線 断続的に改良されているらしい。

鳴竹集落 鳴竹の集落を行く。

府道483号線分岐 安場町平尾で「京都府道483号 安場田野線」が分岐する。 r522はここを左斜めに行く、r483は直進。 [地図]

少し上る 少し上りになる。

田畑の間 田畑の間を下っていく。

2車線 今までの集落とは違う種類の人家が立つ街に入るところで再び2車線となる。

現代住宅群 綺麗な現代住宅が建ち並ぶ。

新興住宅街 新興住宅街だろうか。

沿道の店舗 沿道には店も見えてきた。

県道8,9号線合流・京都府綾部市大島町 終点 「鳥ヶ坪」交差点で「京都府道8号 福知山綾部線」と「京都府道9号 綾部大江宮津線」にぶつかってr522は終わりを告げる。 左右の道がr8、r9は直進。 [地図]